●・台湾国際放送( RTI )の日本語番組から、dictationした記事を紹介しています。●


by trocke
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

RTI九州リスナー会

昨日、2014年10月26日、先にお知らせした内容でリスナー会が開かれました。今回の参加者は8名。こじんまりとした会でしたが、隅から隅まで会話の内容が伝わってきて、わたしは楽しめました。
企画、準備と、お世話していただいた皆さま、たいへんありがとうございました。

RTIへの要望では、「とにかくレスポンスが悪い」「受信報告書を送っても、メールを書いても返事がない」という意見が強かったです。番組製作スタッフが苦労しているのは、なんとなく理解していますので、いまの人員ではさもありなんと(個人的には)思うのですが、国際放送になにを求めるかは、リスナーの側にも、局側にも常に投げかけられる、根源的なテーマだと思います。

RTI日本語課からは、ティーパックのセットがプレゼントとして届いていました。ありがとうございます。


f0061297_7415832.jpg


当日の特別ゲストは、元RTIスタッフの永吉さん。日本でいうジェトロにあたる、台湾貿易センターにお勤めとか。午後から訪問する台湾国立故宮博物院展覧会(九州国立博物館)について、資料を配布してのレクチャー。

お昼の会食が終わり、コーヒーでくつろいでいる皆さんです。
f0061297_7112896.jpg
f0061297_7115120.jpg


このあと14時すぎのバスで太宰府の九州国立博物館へ。日曜日でしたが、午後ということもあって展示場はそんなに混んではいませんでした。最近の台湾国立故宮博物院は、中国大陸からの観光客も多く、混雑しているとのことでもあり、このくらいの人出だと観賞する側にはありがたいです。でも、開催者側に近い立場の永吉さんは、「うーん」とやや心配顔。

かくして、リスナー会は現地で流れ解散。来年は、9月ころに台湾映画をみんなで観ましょうということで企画される予定とか。

また、お会いしましょう。

追伸
そうそう、永吉さんからの情報で知ったのですが、博物館横のテントで台湾料理の出店が。この日が最終日ということで、しかも午後3時。ということは……。そう、最終日のもはや「残り物にはナンチャラホイ」の時刻なのでした。
パック入りのビーフンにも気持ちが動いたのですが、持ち帰りを前提に肉粽を2個買い求めました。福岡市内で台湾料理店を営んでいるそうです。お店の名前を訊くのを忘れました。
[PR]
by trocke | 2014-10-27 07:48 | RTIの話題
東京での展示に続いて、10月7日から九州国立博物館で始まる故宮博物院特別展。

『台北 國立故宮博物院 - 神品至宝 -』

東京の展示品と一部入替えがあり、たとえば「翠玉白菜」は台湾にもどり、代わりに「肉形石」がやってくる。ただし、「肉形石」の展示期間は短いので、ご注意。

f0061297_835244.jpg


九州国立博物館の込み具合にも、注意。以前、日本の国宝級が勢ぞろいしたときにでかけたが、展示品入替えが絡んで、なにかとなにかの展示が重なる日が期間中たった一日だけだったので、その日は歩くのもたいへんな状況になった。

東京の状況をみると、週末以外はそれほどでもないようだが。
[PR]
by trocke | 2014-09-01 08:37 | その他
毎年7月に開催されている、RTI リスナー会。以下は、福岡市で開かれる懇親会のご案内です。今年は放送局から、董事長の張栄恭氏、日本語課課長の王淑卿さんが参加されます。お問合せ、申込みは、代表の酒井さん宛にどうぞ。申込み〆切りは7月10日。

◆ 第五回 RTI 九州リスナー会 懇親会
     四国、中国、沖縄県の方もどうぞ。

日時 7月16日(土) 正午〜15時30分
   受付け開始 11時30分

  総会は13時ころまで。休息後、記念撮影。
  場所を移して、13時30分から懇親会。

会場 ホテルセントラーザ博多
  電話(代表) 092-461-0111
  福岡市博多区博多中央街4-23
  JR博多駅筑紫口を出て左側。徒歩1分。

  総会の会場: 4階 茜の間
  懇親会会場: 2階 フェスタ

参加費
  総会のみの参加の場合 ひとり1,000円

  懇親会まで参加する場合はセットで 
  一般 5,000円
  高校生以下 2,000円


問い合わせ先
 RTI 九州リスナー会代表 酒井武治
 電話・FAX 092−606−2140
[PR]
by trocke | 2011-07-05 14:59 | RTIの話題
おひさしぶりです。

毎年7月に開催されている、RTI リスナー会。今年は放送局スタッフの来日はないと聞いています。以下は、福岡市で開かれる懇親会のご案内です。お問合せ、申込みは、代表の酒井さん宛にどうぞ。

◆ 第四回 RTI 九州リスナー会 懇親会 ◆
     四国、中国、沖縄県の方もどうぞ。

日時 7月4日(日) 正午〜午後2時30分
   受付け開始 午前11時30分

会場 博多都ホテル 3階 桂の間
  電話(代表) 092-441-3111
  会議・宴会場フリーダイヤル 0120-508-385
  JR博多駅筑紫口を出て正面。徒歩1分。
  福岡市博多区博多駅東2−1−1

懇親会費 ひとり 4,000円

問い合わせ先
 RTI 九州リスナー会代表 酒井武治
 電話・FAX 092−606−2140
[PR]
by trocke | 2010-06-04 14:27 | RTIの話題

第3回九州リスナー会

昨日(2009年7月19日)に福岡市で開催された、九州リスナー会の写真です。

f0061297_153001.jpg

総会会場で、リスナーからの質問に答える
高恵宇さん(財団法人・中央広播電台董事長:左)と、
王淑卿さん(同局日本語課課長:右)




f0061297_15301525.jpg

懇親会会場で、リスナー会役員へ感謝をこめて記念品贈呈。




f0061297_15303289.jpg

懇親会会場風景。このあと会食になりました。

More(質疑応答など)
[PR]
by trocke | 2009-07-20 15:39 | RTIの話題
2007年7月29日(日)、福岡市で第1回九州リスナー会が開かれました。
会場は、博多都ホテル 桐の間。集まったリスナーは27名ほど。
f0061297_715091.jpg


More
[PR]
by trocke | 2007-07-30 07:28 | RTIの話題

福岡での対面会

おはようございます。

昨日(7月30日)、福岡市で開かれた対面会に参加しました。26名の参加でした。
前回(2年前)は、バスでKKRホテル近くまで行ったのですが、地下鉄を利用したため駅を出たところで方向オンチになりました。道を尋ねてもKKRホテルって、みなさん「知らないなあ」。やがてお会いしたお二人連れが、運よく同じ会に出席される方で助かりました。


f0061297_6202082.jpg

前列に座っている方たちです。どうもお世話になりました。

董事長は体調をくずされて欠席なさいました。当日朝、病院に行かれ、ホテルで静養されているとか。過労と消化器(胃?)を悪くされたとか。一日も早く回復なさいますよう、お祈り申し上げます。

f0061297_6241450.jpg


まず、出席者の自己紹介。この間も、上野さんは局に原稿を送るため別室へ中座するなど、王淑卿課長ひとりで大忙し。

f0061297_63279.jpg

前回もそうだったのか覚えていませんが、横断幕まで用意してあって、ちょっとびっくり。これは、お楽しみの抽選会の模様。出席者のみなさんにおみやげが手渡されました。中央が王淑卿課長さん、右が上野重樹さん。上野さんは、この前に董事長の分までがんばって?20分にもわたる長いお話しをされました。自己紹介から、局内や台湾の話題まで。その話が終わるや、王課長が「長かったですね、20分も話しましたよ」とチェック。え、計ってたの? さすが放送局。

f0061297_6402088.jpg

プレゼントの品を説明する、上野さん。

f0061297_6423321.jpg

プレゼントに当った人が、次の当選者の番号くじを引く(上野さんが持っている紙袋の中から)というものでした。

このあと、福岡というか九州というか、「いや中国(山口、広島など)も含めて」リスナーズクラブを立ち上げようという話になり、実行委員会として10名ほどが決まり、会の終了後に場所を移して話し合いを持たれたようです。
いろんな方が気軽に集まれる雰囲気をこわすことなく、楽しい会を作っていただければと思います。

あ、わたしが当ったプレゼントですか? テレサテンさんのCDでした。特売のパッケージそのままというのが、にくい演出です。

スタッフの皆さん、21日からの長旅お疲れさまでした。
参加されたみなさん、機会がありましたら、またお会いしましょう。
[PR]
by trocke | 2006-07-31 06:56 | RTIの話題
RTIのリスナーの集いとは直接の関係はありませんが、福岡アジア美術館で台湾に関係した次の展覧会が開かれていますので、福岡対面会においでになられる方は足を運ばれてはいかがでしょうか。

日本時代の台湾絵画—見いだされた郷土—
7月13日〜10月3日

台湾の女性日本画家・生誕100年記念─陳進
7月30日〜9月10日

詳しくは、福岡アジア美術館のサイトで
http://faam.city.fukuoka.jp/
[PR]
by trocke | 2006-07-19 08:35 | その他